「ほっ」と。キャンペーン
なんとなくその日ぐらし
matsunyan.exblog.jp
Top
湯布院 櫟の丘
c0068225_20302110.jpg湯布院旅行、最初のランチは「櫟の丘」でのピッツァです。
もう何年も何年も前、雑誌の記事でこちらのオープンを知りました。それからずっと行ってみたいなぁ、と思いながらも、湯布院の中心街(?)からは少し離れているのもあってなかなかお訪ねするチャンスがありませんでした。

ぶらぶら気ままなひとり旅、タクシー乗っていっちゃえ!と早い段階から候補にしていたのですが、実は私、旅行の数日前からどうも調子が悪くて、一日中うっすらと吐き気がしているような状態。
出張のときも含め、新幹線に乗るときは定番のドトールのあさごはんもパスしてたので、行っても食べられるかなと不安で、電車を降りるギリギリまでずっと悩んでいたのです。

お店のドアを開けたその瞬間もまだ「うーん……」と思っていたのですが、幸か不幸か平日だというのにウェイティング状態、私もその一人となりぽーっと座って待っていました。そのうちにオイルやハーブ、チーズの焼けたいい匂いが漂ってきて、気がついたらお腹が「ぐーっ」。実に久しぶりに「おいしそう!おなかすいた!」と実感したのです。その瞬間「この旅行は成功だ」と確信 (^_^)v

お願いしたのはマルゲリータとカプリチョーザのハーフ&ハーフ。生地がもっちもちで、トッピングの塩分・油分もちょうどよくて、しあわせー。あっという間にパクパクゴクゴク。すんなりお腹に収まってしまいました!

一人客の私はピッツァ1枚で十分ですが、みなさんパスタや石窯で焼いたスペアリブなどを召し上がっていました。これまたおいしそうでしたよ。次は何人かで来ていろいろ食べたいぞ。

車じゃないと難しい場所のせいか、たくさんお客さんはいたけどビールを飲んでいたのは私だけのようでした。このお料理とシチュエーションで飲まないなんてもったいない……(?)

12:30ごろにお店を出たのですが、そのときはもう何組もお客さんが待っていました。2月の平日でこれなんだから、季節の良い頃の休日とかならどうなるんだろう? でもテラス席とかでゆっくり風に吹かれながら、きりりと冷えた白ワインを飲んだりしつつおいしいものを待つ、っていうのも旅の時間の過ごし方としては最高にすてきね。

また行こうっと!
[PR]
by matsunyan | 2012-02-27 21:08 | 旅の思い出