なんとなくその日ぐらし
matsunyan.exblog.jp
Top
カテゴリ:ひとり鍋レシピ( 32 )
ひとり鍋レポート 豚の香味しゃぶしゃぶ
先週のある日の鍋
いつもの肉屋のおいしい豚バラ 三つ葉 クレソン みょうが ねぎ だいこん 大葉 レタス

c0068225_1943748.jpg

春は定期人事異動がある。なんかストレスフルな毎日で「もうここから抜け出したい!」願望がめちゃくちゃ高まってたんだけど、そんな中でも引っ越しするのが惜しいと思う数少ない案件のひとつが「いつもの肉屋でおいしい肉が買えなくなる……」ということだったりする。それもかなり真剣に。
この間も地元に帰り、妙齢のお嬢さん(おほほほほーっ)5人でお鍋をすることになって、ここの豚バラと牛肉を買って帰ったんだけどもう大絶賛。お味はもちろんコスパよすぎなんだもん。
中でもこの豚バラは極狭のわが家の冷凍庫にでも常にストックしてあるお気に入り。しゃぶしゃぶにお誂え向きの薄さもまたいいのだ♪

いつもは水菜を合わせることが多い豚しゃぶですが、春よ来い!ってことで香味野菜を合わせました。
実はこの取り合わせ(そっくり同じじゃないけど)は前述の鍋会でもご披露したのですが、最初は「鍋にみょうが?!」って一同不安顔。絶対おいしいって!と力説し、結果みんなに「うちの定番にするよ~」と言ってもらえました。
食べ方としてはしゃぶしゃぶした肉で、ささっと火を通した野菜を巻いて食べるイメージ。ネギは太めのせん切り。芯の部分は甘みを楽しみたいのでそのまま投入しました。ピーラー大根は半生で。あっ、今度はピーラーにんじんも入れようっと。
三つ葉やクレソンの他にセリやセロリを入れてもおいしいのですが、大葉はなんか主張がありすぎて具材としてはどうかなぁ??? 
それとレタス。しゃぶしゃぶにレタスって知ってる人は知っている(かつお気に入り)けど、知らない人にはこれまた「えっ?」と眉間にしわを寄せてたりする。わたしはサラダよりこっちの食べ方のほうが好き。チャーハンやスープ、炒め物とけっこう加熱して食べてます。
またこの日は用意していませんでしたが、わかめを合わせるのもけっこうお似合いです。

豚肉には焼酎だ!と前割り冷酎を飲みながらもぐもぐもぐ……
野菜たっぷりですのでしっかりお腹もふくれるけどヘルシー。もちろん最後にうどんやごはんを入れていただいてもよろしくってよ。

あ、始めに書いた人事異動、残念ながら私は落選してしまいましたが、ストレスのいちばんの原因であった上司がめでたく転勤(昇進ではないのだ。ここは正直にザマーミロと言うのだ)するので、少しは働きやすくなるかな、心機一転やっていきましょうと前向き思考を取り戻しております。
しっかり食べてガンバラナクッチャ~♪だわ。

ごちそうさまでした。
[PR]
by matsunyan | 2007-03-17 20:15 | ひとり鍋レシピ
ひとり鍋レポート 黒鍋つかって牡蠣の蒸し鍋
c0068225_171708.jpgこの冬に作ったひとり鍋っていうか、この日は客人ありなのでふたり鍋でした。

えへへ。実は物欲に負けて(というかストレスがたまると通販にハマる症候群)念願だった黒鍋を買いました。
大きさは9寸。購入した「ようび」さんからは「かなり浅いお鍋なので1尺以上を選ばれては?」というアドバイスをいただいたのですが、自分の今の生活では「大は小を兼ねない」と判断したのです。これで正解だったと思う。

実際に使ってみるとやはり量はあまり入りません。例えばお汁たっぷりで具だくさんを楽しみたいちゃんこ鍋のようなのには向かないかも。
それよりも具の種類も少なめでシンプルなもののほうがお似合い。野菜なら白菜よりも水菜。
入れたものが沈んでしまわないので、のぞきこんだりかき回したりしなくても食べたい具がちゃんとつまめるし、最後まで美しい~。

そんな黒鍋で作ったのがこれ。鍋料理というより蒸し物かな。黒鍋に昆布を敷き、牡蠣・とうふ・春菊・えのき・白ねぎを並べ、日本酒を入れて蒸し上げました。
牡蠣のエキスやえのきの水分もあり、できあがりには思ったよりおつゆが出るので、ぽん酢をこのおつゆでわると酸っぱさもまろやかになるしコクが出ておいしかったです。
また、このお鍋、保温力がすごくて火を消しても温かさをしっかり保ってくれます。加熱し続けると牡蠣はどんどんしぼんじゃうけど、しぼむこともなく冷めることもない。すばらしい。

冷酒を飲みながらお鍋を楽しんでいた客人がひとこと。「なんかこの土鍋って、酒飲みのための土鍋ってかんじ」。
あーわかる!そのイメージ。お鍋でおなかいっぱいっていうより、気分は池波正太郎なのね。
ちゃんと春がきたら、白魚とかはまぐりのお鍋したいなぁ。菜の花のお鍋もいいな。
ここんとこ寒さが戻ってきてるし、だいこんおろしをたっぷり入れたみぞれ湯豆腐もすてきかも。
鴨とクレソンで失楽園?
お供はお酒はぬる燗かな。前割焼酎のあったかいのもおいしい時季だし。

お料理魂と酒飲みごころをくすぐってくれる黒鍋くんでした。
ごちそうさまでした。
[PR]
by matsunyan | 2007-03-17 18:35 | ひとり鍋レシピ
ひとり鍋レポート  餃子鍋とマルちゃんの鍋用ラーメン
本日の鍋
手作り餃子(豚バラ、キャベツ、ねぎ、ニラ) 青梗菜 豆もやし えのきだけ

週末は友来たりて餃子鍋、でありました。
餃子は野菜不足の客人のために豚肉はかけら程度にしか入っていないものでしたが、お鍋に入れるとちゃんとうまみを出してくれるし、鍋のスープをすっておいしかった。oisixで買った水餃子の皮。ちょっと厚めでつるんとした口触り。いいねー。うふふ、また買おうっと。
たれは味ぽんに「へんこやまだのごまらぁ油」を入れました。
わーわー用意してがつがつ食べてしまったので、写真取り損ねちゃったよ。

c0068225_1852071.gifそして、アフターお鍋に入れたのがコレ! ちびまる子ちゃんのイラストも目にまぶしい「鍋用ラーメン」です。
味噌系の鍋のあとなどにときどき中華麺を使っていたのですが、煮ているとすぐぶよぶよしてきていまいち満足できなかったのです。が、そのためにわざわざ生麺を茹でるのは手間だし……
スーパーで特価になっていたこの鍋用ラーメンを半信半疑で買ってみたのですが、いい感じに期待を裏切ってくれましたよっ!
いろんなおだしがたっぷり出た鍋の中にそのまま入れるだけ。火の通りも早いし、何しろいいのはしばらく煮ていてものびにくいのです。細めの縮れ、ってのも好み~。

料理レシピではよくインスタントラーメンを入れる、ってあるのですが、貧乏性の私は「残った粉末スープはどうするの? 麺だけって売ってるのかなぁ」と思ってしまい躊躇していたのですが、今度からはためらないなく、ちびまる子ちゃんを連れて帰ることにします。
カトキチの冷凍うどんももちろん大好きですが、細いラーメンはするするっと入って「おなかいっぱいだけどせっかくのお鍋だから何か少し食べたい」って気分にはぴったり。
鍋の味ももちろんだけど、お腹の余裕具合にもあわせて、冷凍ごはん・うどん・ラーメン・おそばと選択肢が広がって楽しいなぁ。
と言いながら、モツ鍋、キムチ鍋、塩ちゃんこ…… なにやらラーメンが似合いそうな鍋ばかりが頭をくるくる回っています(2袋入りなのでもうひとつ残っているのだ!)

ごちそうさまでした。

*画像は東洋水産さんのHPよりお借りしました。
[PR]
by matsunyan | 2007-01-20 18:29 | ひとり鍋レシピ
にゃにゃんと!!
今日、仕事終わりに本屋さんで料理本をパラパラと立ち読みをしていたら、この鍋にそっくりなレシピを発見しました。

c0068225_0205274.jpgもう材料からオイスターソースを入れるところまでそっくりさんだったので、なんだかわたし、盗作したみたいな雰囲気なのですがそうじゃないのよーーーーー! ほんとにほんと、信じて~~!

もちろん、ケンタロウさんが私のレシピをパクったなんて恐れ多いこともあるわけもなく、
ま、この組み合わせは王道なのだ、そして練り胡麻は分離しないために後に入れるものなんだ(きっとね。だってプロもそうしてるってことはそーゆーことなんだと思う)、ということで追求はご容赦願いたく。

この方のレシピは、見てくれじゃなくて本音で勝負!みたいなガツンとした感じが好きでよく見ているので、何かで見たのを忘れちゃってるのかもしれないなぁ。そうだったらごめんなさい。

本は、その他の鍋レシピもおいしそうだったのでちょっと買いたい気分になってますが、
料理本は買い始めると際限なさそうなので、自分に禁じているのですよ。どうしよう。
[PR]
by matsunyan | 2007-01-18 00:29 | ひとり鍋レシピ
ひとり鍋レポート 鯛あら鍋
今年最初のひとり鍋
鯛のあら 白菜 白ねぎ 水菜 とうふ

c0068225_2123410.jpg


遅ればせながら、あけましておめでとうございます(これ書いてるのは実は1月8日だ)。
年々お正月らしさを実感できなくなるなぁ、と思ってしまうこの数年なのですが、この大晦日は民放で「ゆく年くる年」が放映されていないことに気づき、びっくりしました。
こどものころは、紅白が終わるとNHKとその他民放の二手に分かれてはいるものの、お寺の鐘がごーんとなってるところや、銀座の服部時計店の映像を見たり、というのが常だったので、なんだかとってもびっくりしてしまいました。
そういや、もう何年も前から桑田佳祐氏の年越ライブなんてのを放送してたよなぁ。いつからなくなったんだろう。

3が日、かずのこを食べ過ぎてすっかり胸焼けしてしまったワタクシ。
おせちもいいけどカレーもね!というばんごはんを予定していたのですが、あっさりしたものにしとこう、と今年さいしょのお鍋をしました。
お正月だ、めでたいぞ~ということで、鯛ですよ、鯛! でもアラだし、半額だし、のお買い得品でした。今年もこの路線です。

まずは鯛の潮汁を作成。味付けは塩中心で少しばかりの薄口しょう油。いつぞやのふぐちりの反省を活かし、潮汁にはちょっと濃い味に整えて、ここに野菜を入れました。
おいしいな~。さすが腐っても鯛だな~(腐ってないけど)。
さんざん飲んだはずなのに、またちびちびやっちゃった。というのも、妹が実家にすてきなお年賀を送ってくれていて、その分け前をたんまりともらって帰ったのです。いもちゃん、ありがとー。
すてきなお年賀はまた後日あらためてご披露します。

冷凍ごはんがなかったので、洗ったお米をそのまま入れちゃったけど、ぜんぜん問題なしでした。はふはふはふ。

やっぱ鍋はいいね。今年もあれこれ、ぼちぼちやってみようと思います。
よろしければおつきあいくださいまし。
[PR]
by matsunyan | 2007-01-03 23:09 | ひとり鍋レシピ
かえってきたひとり鍋レポート(?)
そんなわけで、今年もひとり鍋楽しんでいます。
なかなか写真が撮れなかったり、おっそろしくまずそうな写真だったりでエントリーが思いっきり滞っておりましたが、ちまちまあれこれやっているので、ぼちぼちのせてこうかな、と。
(っていうか鹿児島旅行はいつまとめるつもりなんだ←オレ)

で、この間、風邪ひきそうなのかな、寒いな、と思ったときに、めんつゆを薄めたもの(少し甘みがある感じ)にゆるーくとろみをつけて、おろししょうがをどっさり入れたおつゆを用意。
そこに豚や春菊やまいたけ、青ねぎなどを炊き、だいこんおろしをどっさりのせた「みぞれ鍋」のようなものを食べたのですが、いいですよ、これ。
しょうがととろみで体はあったまるし、だいこんやネギは風邪に効きそう。
うどんも早めに入れておいて、麺のコシよりも味をしみこませるぞ!ってかんじで、くつくつと炊いたので、なんかやさしーくやわらかくて。

ちまたではノロさんが猛威をふるっておりますが、ノロじゃないけど風邪の予感がしている方にはおすすめですよん。

そんな私は、ほぼ持病ともいえそうな気管支炎で咳がなかなか止まりません。
先日は「わー、こんな咳してたら胃まで出てきそうだよ!」なんて友だちと笑っていたら、その夜、咳き込みすぎてマジで吐いてしまいました。びっくりしたー。
熱があるわけでも、鼻水が出てるわけでも頭痛なわけでもないのですが、咳は体力を奪いますね。
せめて夜寝るときだけは止まってくれないかなぁ。
っていうか会社に行くと、ホコリや温度のせいか、一挙に症状悪化。マスクだけじゃ追いつかんぞよ。
[PR]
by matsunyan | 2006-12-19 00:46 | ひとり鍋レシピ
ひとり鍋レポート 豚ともやしのごま鍋
本日の鍋
豚バラ肉 もやし にら とうふ
c0068225_23574729.jpg


別に無農薬じゃなきゃ、とか、有機栽培バンザイ!とかそんなこだわりはないのですが、先日からOisixで野菜を定期的に送ってもらっています。
自分で買いに行くと種類が偏るし、届いたら「食べなきゃ!」と摂取量が増えるのでは、というのがそもそものねらいだったのです。実際に食べてみたらあらびっくり。「おいしい野菜っておいしいんだなぁ」と、当たり前なんだかとぼけてんだかわからないようなことを、しみじみと感じています。カブや春菊、おいしかったなぁ。また頼もうっと。

そんなふうに届いた野菜のひとつにもやしがありました。
どうやって食べようかなぁ。優作鍋もどきはときどき食べてるしなぁ……もやし炒めもなぁ……
なんて考えながら、自分がいちばんもやしを見るメニューはなんだろうと思い出してみると、たどり着いたは味噌ラーメン。うーん、でも今日は味噌味気分ではないなぁ。じゃピリ辛?担々?ごま?ということで、ごま鍋にしてみたのです。

かつおだし(の素)と鶏ガラスープ(の素)のダブルスープに豚バラを入れ、火がとおったところで練りごまとすりごま、赤味噌ほんの少し、みりん、にんにくしょうゆ、おろししょうが、おろしにんにくをまぜたものを鍋のおだしで溶きながら加えました。
これは以前ごま味噌担々鍋のときにぐつぐつ炊いていたら激しく分離した反省から「後入れ」にしたんだけど、やっぱり思いっきり分離しちゃった。
味見したところなんかひと味足りないというか深みがない、うーむ。
以前、どこかのしゃぶしゃぶ屋さんのごまだれのレシピにオイスターソースが入っていたことを思い出し、てろてろんと加えてみたら、うん、いいみたい。

あとはもやしをどさーっ、にらをばさーっと入れて、取り皿の中でラー油をぴっぴっとかけて。
和風のようなそうじゃないような、ごまの香ばしさとコクがなんとも楽しい鍋になりました。
最後はおうどん。ぐふふ。しあわせ~。

それにしても、この間豆乳鍋をしたときといい今日といい、「だしの分離回避」という大きなテーマが立ちはだかっておりますよ。どーすりゃいいのだ?
とろみをつけたらいいって話も聞いたような気がするけど、また研究してみます。

ごちそうさまでした。

とほほな後日談アリ。こちらをどうぞ。
[PR]
by matsunyan | 2006-12-19 00:19 | ひとり鍋レシピ
ひとり鍋レポート 酸菜火鍋みたいなもの
本日の鍋
すっぱくなった白菜の漬け物 豚ロース薄切り 風に吹かれて豆腐屋ジョニー 春雨 干ししいたけ

c0068225_22204128.jpg

おふくろの味ってありますか?
わたしにとって母親の味のひとつに、白菜の漬け物があります。昆布にたかのつめ、にんにくが入ったそれは、冬の間食卓の上に欠かさずあるものでした。
母は特別に料理上手というわけではないのですが、中にいくつか「これだけはかなわない」とか「あれだけはいつかきちんと作り方を聞こう」と思うものがあって、この白菜漬けも一度漬けるところをちゃんとみておかなくてはと思ってはいるのですが、毎年おいしいおいしいと食べるだけ。来年こそは教えてもらおう。

そんなお漬け物を、先日こちらに持ち帰ってきました。一人で食べるにはちょっと多すぎたせいもあって、保存料無添加の白菜漬けはあっという間にすっぱくなってきました。こんなとき母は、すっぱくなった白菜を油で炒め、しょうゆと少しの砂糖とかつおぶしをまぶしていたのですが、これもそうそう量をこなせそうにもないし……

そこで、こぐれひでこさんのごはん日記の中で紹介されていた「酸菜火鍋」を参考に、鍋に入れてみることにしました。
こぐれさんが書いていらっしゃるものも、また他のレシピを検索してみても(ほとんどなかった)、渡り蟹だの牡蠣だの海老だの、魚のすり身団子だの、とけっこう豪華な具だったのですが、あり合わせのものでやることにしました。しかーし! わたしはこの「酸菜火鍋」、食べたことはおろか見たことすらないのであった。さてどうなる?

酸っぱくなった白菜漬けを使うという台湾料理らしいので、干ししいたけの戻し汁に鶏ガラスープの素を加え、ザーサイのみじん切りをプラスして味を調えたら、なんとなくそれっぽい(どれ?)味になりました。そこに1センチくらいの角切りにしたたっぷりの白菜漬けとしいたけ、春雨を入れ、あとは食べながら豆腐をあたため、豚をしゃぶしゃぶしました。
たれは、胡麻ペーストと豆腐乳を加えたものとあったけれど、豆腐乳なんて当然ないので(未知。豆腐ようとはぜんぜん違うものなのかな?)、スープに芝麻醤を溶かして。スープにしみだしている白菜漬けの酸味と胡麻はなかなかよい相性。それうして食べている間に、取り皿の中でぐちゃぐちゃになったジョニーが胡麻とあわさって、なんだかとってもいい具合のタレ状になったので、途中からは温まったジョニーと芝麻醤をかき回したものに、肉や白菜をつけて食べました。これはうまかった!

これは雑炊にしたらおいしそう、と張り切って食べていたのですが挫折。
というのも普段の鍋だと、白菜はたくさん入れても煮ているうちにかさが減ってくるのですが、漬け物だとすでに水気が抜けているので、加熱しても量がほとんどかわらないのです。そして歯ごたえもわりとしっかり残っているので、食べてるうちにお腹いっぱいになってしまいました。
次回は量を加減して、おいしいスープで雑炊かおうどんを楽しみたいと思います。

ごちそうさまでした。
[PR]
by matsunyan | 2006-02-12 22:29 | ひとり鍋レシピ
ひとり鍋レポート 牡蠣の土手鍋
本日の鍋
牡蠣 はくさい 白ねぎ しいたけ 春菊    とうふもあったのに入れ忘れた!!

c0068225_22382.jpg

昨日の冒険がちょっとばかし納得いかないものだったので、今日は正統派。仙台味噌に京都の白みそを混ぜてぺたぺたぺた……ちゃんと味噌も鍋肌に塗りつけました。

しかし、実のところわたしは土手鍋というのを食べたことがありません。いやいや、小学3年生ごろだったでしょうか、御歳暮でたくさん牡蠣をいただき、母がパンフレットについていたレシピを見ながら「こんな感じかなぁ」と作ったことがありました。そのころはまだ牡蠣のおいしさというものが今ひとつよくわからなかったし、土手にしなくちゃ!とたんまりと塗った味噌が濃くて、小学生にはハードル高いばんごはんとなったのを覚えています。

で、今回、レシピを検索してみると、赤みそと白みそをブレンドして辛みを和らげてあったり、味噌の塗り方も鍋の高さの半分くらいから上に塗って一度に味噌がだしに溶けてしまわないように工夫してあったり、なるほどいろんなコツがありました。いろいろな教えを守って作った初チャレンジの土手鍋、まずまず満足できる出来でした。とは言え、一度ちゃんとお店で食べてみたいな。

先日買った仙台味噌、仙台の味噌は初めて買ったのですがとてもおいしくて気に入っています。白みそや麦みそとあわせてもおいしい。今日のはちょっと白みそが多すぎたかもしれない。

ごちそうさまでした。
[PR]
by matsunyan | 2006-01-25 23:27 | ひとり鍋レシピ
ひとり鍋レポート ちゃんぽん鍋
本日の鍋
豚バラ肉 キャベツ たまねぎ にら もやし 角天

c0068225_224158.jpg

いつも買い物するスーパーではないのですが、品揃えが他とは少し違っていてときどき行くスーパーがあります。そこに行くと毎回必ず見るものがあったのです。それはレジカゴの中に「ちゃんぽんスープ」を入れている人。松原食品っていうところのもので、具を炒めるための調味油と粉末スープなのですが、これを買っている人に、文字通り「必ず」会うのです。そんなにおいしいのかなぁ…… 何回目かにはさすがに気になり、1つ買ってみました。

今日はこのスープの素を使って、ちゃんぽん味の鍋に。白濁したスープなのかなと思っていたのですが、しょうゆ色の濁っていないスープ。さすがにインスタント食品っぽい味がしていましたが、いつもの鍋とはまた少し違ってておもしろかったです。でもなんだかひと味足りなかったなぁ。ちゃんぽんはやっぱり白いスープで、あさりやゲソなどの海のものが入ってるほうが好きだ。ま、具に海のものがないのは自分が入れてないだけの話ですけれど。半分くらい食べたところで、当然のことながらチャンポン麺を入れました。

本日の収穫は角天。練り物って冷凍できるんですね。この間買ったときに少し残っていたのを、ものは試しで冷凍してみたのですが、ちゃんと元に戻りました。これなら今度から煮物やおでんのときに一袋全部無理して使わないですみます。なるほどねー。

成功とはいえない気もするけど、ま、これも経験だ。
ごちそうさまでした。
[PR]
by matsunyan | 2006-01-24 22:34 | ひとり鍋レシピ