なんとなくその日ぐらし
matsunyan.exblog.jp
Top
<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
湯布院 不生庵
c0068225_10274392.jpg

最近の旅の定番、お昼ごはんに蕎麦屋で日本酒。
卵焼きやもろきゅうとか、ちょこっとつまみながらちびりちびりとやって、そのあとシンプルなおそばを食べるのって「あー、オトナになってよかったよ……」と実感するひとときですね。

今回は朝ごはんをしっかり食べてあまりお腹がすいていなかったので、蕎麦前はなしでお酒だけお願いしました ← それでも飲むのか!という声も聞こえてきそうだけど!
わたくし、お酒はひやを好みます。大吟醸とかより純米酒のどーんとしたのとかがよろしい。

窓の外は温泉の湯気と雪が舞うというなんともよい雰囲気。お店の中はあたたかくて、わたしの席からは火にかけられたやかんとそこから立ち上る湯気も見えて。
なにも考えずに、ひたすらぼーっと時間がすぎていくという贅沢を満喫できました。

酒器がまたいいの♥
金属(でもあたたかい雰囲気)とガラス(形も厚みもすっと研ぎ澄まされている)、こういう合わせかたもかっこいいなぁ。

c0068225_114384.jpgお蕎麦はこちらの人気メニュウという「黒豚蕎麦」。温かいお蕎麦がいいけどかけじゃちょっと寂しい、でも黒豚なんて蕎麦にあうのかなぁ??と思いながら頼んだのですが、豚肉はとろとろになるまで煮込んであるせいか脂がまったくしつこくなくて、少し濃いめのだしとよくあってる。薬味の黒こしょうもまたよいアクセントでした。

今きづいたけど、だし+豚肉って、沖縄すばもこの構成だ。首里そば、行きたい……

ただ、1,470円ってのはやっぱりちょいとお高いですね。
ま、蕎麦屋って意外とどこも安くはないけど。

ちなみに写真で、おそばが2本ほど乱れた動きをしておりますが、これは私のせいです!
食べようと思って一回つまんで「あ、写真!」と戻したものの、早く食べたくてこのへんを整える余裕がまったくなかったのでした。オハズカシイワ。


お店の方が亡くなった祖父によく似ていらして、少し感傷的にもなったりした旅のひとときでした。
[PR]
by matsunyan | 2012-03-04 11:06 | 旅の思い出