「ほっ」と。キャンペーン
なんとなくその日ぐらし
matsunyan.exblog.jp
Top
タグ:てしま旅館 ( 8 ) タグの人気記事
おにく ごはん あまいもの
c0068225_23232967.jpgお肉は「小野牛」っていう地元産。これを自分でじーじーと焼きながらいただきます。
牛肉を焼きながら、というシチュエーションだけでもうめちゃくちゃに「大ごちそうだ!」と興奮するワタシ。焼き肉なんかも、昔は高くて女の子同士でなんかとても行けなかった……。家の食卓には牛肉なんてほとんど登場しなかったし。
いつぞや食べた鶏のつみれ鍋もおいしかったけど、メインに牛肉の鉄板焼き(以前は石焼き)が出てくると、また来れたわ……とうれしくなっちゃうな。

c0068225_23432829.jpgごはんものは焼むすびのお茶漬け。
お茶漬けそのものも大変にヨロシイのですが、いっしょに出てきているおつけものや佃煮、こんなふうにちまちまとたくさんの種類があるのって楽しい!
焼むすびの上にのっているのは肉みそです。よーくかきまぜて召し上がれ、だそうです。
かき混ぜる前に味噌をぺろっとなめちまったぜ。イヒ。
ちなみに料理長特製の肉みそ、ロビー、minminおよび通販で購入できます。きゅうりやだいこんのスティックにつけてぽりぽりやると、ビールがいくらでも飲めます。
ってわたしは関係者か?!って勢いです。違いますけど。

c0068225_23552170.jpg食後のあまいものは、こちらも定番っぽい趣のあるブラマンジェ。先日、てしま旅館のブラマンジェってことで「てしまんじぇ」と命名された模様。
季節ごとのいろんなバージョンを食べましたが、これは山口米味。実にあっさりとやさしい口当たり。本当は黒ごまが上にふってあったのですが写真撮る前に食べてしまいました。
甘いものはあまり好きじゃない方も(実はわたしもそうだ)、くどくないのでするりと口に入ると思います。
この「てしまんじぇ」も近日中に通販開始となるそうだ。ちなみに今日(18日)と明日は、宇部井筒屋で販売しておりますよ~。
って、だから何者だよ、うざいぞ、おまえっ!! ……すみません。

お食事は以上で終わりですが、この後サービスのしそおにぎりの夜食もしっかりいただいてしまいました。
おいしいもので満腹になるって、本当にしあわせだ~♪
[PR]
by matsunyan | 2006-05-19 00:12 | おでかけ(山口)
きれいな料理だなぁ
c0068225_2132193.jpg

鰆と揚げ出し豆腐のほうれんそうスープ、野菜のゼリー寄せ、じゃがいもまんじゅのうにバターソース。

かりっと揚がった鰆となぜかもちもちとしたお豆腐(衣をはずして食べたら普通にお豆腐って感じなのに衣といっしょに食べると、ごま豆腐のようなもっちりフィーリングを感じた。なぜだ?)にあくまで和風なほうれんそうスープがじんわりおいしい。ほーっとする感じ。

野菜のゼリー寄せは食べたらわかる驚きが隠れています。何かっていうのはヒミツにしておこうっと。
今回は春野菜ということで地味目の色合いでしたが、ねぎのしゃきしゃきした歯ごたえや茄子の甘みとか、それぞれの野菜の持ち味を楽しめました。
ちなみに前回は夏野菜バージョンだったのでまるで宝石箱のようなカラフルさで、それもまたすてきだったな~♪

そしてじゃがいもまんじゅう。旅館やお料理屋さんに行くと、お芋やれんこんのおまんじゅうってよく出てくる気がする。自分でも作れそうなんだけど、きちんと手を加えてなめらかにしないとうまさ半減なんだろうなぁ。うにソースも大好きな味加減で、あっという間になくなっちゃったよ。おかわりほしー!

今回は白ワインをお願いしたのですが、非常によくお似合いでした。うふふ。
[PR]
by matsunyan | 2006-05-17 21:37 | おでかけ(山口)
てしま旅館 5月の夕餉
c0068225_20563355.jpgダイニング、以前は畳の上にぺたりんこと座る純和風だったのですが、テーブルと座椅子スタイルにリニューアル。このスタイルになったのはけっこう前で何度も見てはいたのですが、実際に自分が食事をするのは初めてでした。
この座椅子がなんとも微妙な高さで、椅子のらくちんさと地面に近いところに座る安心感の両方を兼ね備えています。以前の超分厚いざぶとんクッション(?)も好きだったのですが、こっちのほうがもっと好きかも。
テーブルとテーブルの間は見えそうで見えない感じのスクリーンがあり、プライベート感たっぷり。なおかつ壁できっちり区切られているわけではないので、ほどよく他の人の会話する声も聞こえてくつろげました。テーブルのちょうど真ん中あたりを灯すようにおだやかにスポットがあたっているのがこれまたムーディーなんだわーん。

c0068225_216942.jpgでそこにお料理がセッティングされると、こんなふうになっちゃうの(一人分しかのっかってないため、テーブルの向こう岸に少々空き地がありますが気にしないでね♪)

ちなみにこちらの前菜は、そら豆の姿焼き(木の芽みそソース添え)、海老入りのごま豆腐、鶏のたたきの貝割れ巻き。アスパラとお米のスープ(?)。いつものとおりフォトジェニックなお料理でした。

c0068225_21153291.jpgこちらはお造り。桜鯛、天然車えび、くじらベーコンです。きれいだなー。食べるとき、どこから箸をつけようか、いつも迷ってしまうんだな。

でもここのお料理って、見た目がどうのこうのっていう前に単純に「んまい!!」のですよ。
塩加減にしても出汁の濃さにしても強すぎないやさしい味、でも決してぼんやりしてないなぁと思います。
もちろんわたくしは「プロ食人」ではないので、あくまでも自分の舌の好みにあうということですよ。

あー、書いてるだけでまたすぐにごはん食べに行きたくなってきた!
[PR]
by matsunyan | 2006-05-16 21:22 | おでかけ(山口)
てしま旅館に行ってきました!
c0068225_22144179.jpgこのブログを「てしま旅館」で検索して訪ねてくださった方、
こんにちは、はじめまして。

ここんちは私にとっての隠れ家というか避難場所というかオアシスというか
なくてはならない場所のひとつなので、やたらと宣伝したかったりするわけです。
なもんですから、いろいろと写真をのっけたりしてるのですが、
いわゆる「ネタバレ」がお嫌いな方にはたいへん申し訳ないことでございます。

しかしながら、わたしは自分が好きなものは「見てみて~!」と
胸の中にしまっておけないタイプなので、
また今回もお料理の写真などを、ぼつぼつと勝手にレポートしちゃいます。

今回のお部屋は前回と同じ「蘇芳」(すおう)でしたので省略。
18日までに全部エントリーして、その後は例のデザートのレポートにつなげられたらと
ちょっと目標を立ててみたりする。がんばれ、オレ!

[PR]
by matsunyan | 2006-05-15 23:01 | おでかけ(山口)
9月の西山口ドライブ その3 千畳敷で空と海に溶ける
ぐっすり眠って、あさごはんを食べ、ロビーでカフェオレを飲みながら音楽を聴いていると、ソファに同化してしまいそう。
1日中でもここにいたいくらいだけど、さて、出かけよう!
-----------------------------------------------
ちなみにこの日の朝かかっていたCDは、私が番頭氏にご紹介したコレ↓
夜のバーをイメージしているそうですが、ぼけーっとした朝の時間にもあうなぁ。

bossa nova-compiled by bar bossa
オムニバス セウ・ダ・ボカ マリリア・メダーリャ シコ・ブアルキ ナラ・レオン&ホベルト・メネスカル カルロス・リラ クアルテート・エン・シー / ユニバーサルクラシック
おすすめ度: ★★★★★



目指した先は日置町の千畳敷。案内に従って坂道を上がっていきます。ここで小茄子号、非力さ炸裂でみるみるスピードダウン。おいおい頑張れよ、と声をかけながらアクセルを踏む私。
iPodをシャッフル再生にしていたので、思わぬところで松田聖子なんかが流れ出したりするのだけれど、それもご愛敬、と天使のウィンクを絶唱しながら山頂へ。

c0068225_0231278.jpg見渡すばかりの大草原、そして青い海と青い空。風力発電の大きなプロペラが白く浮き上がっています。平日なので人も少なく、いつも以上に開放感たっぷり。ここから臨む海の風景は、北長門海岸国定公園に指定されています。

っていうか、能書き関係なく、とにかく気持ちいいの!
風を体に受けながら海と空の境界線を眺めていると、きれいとか爽やかだなとか、そんなことばしか浮かんでこない。頭からっぽにできるんだなぁ。
キャンプ場やアスレチック施設もあるので、休日はこどもたちが元気に走り回ってて、それをぼんやりと見ているのもなんかいいな。

そして、ここ千畳敷にくるのにはもうひとつ、素敵な場所があるからなのです。
[PR]
by matsunyan | 2005-09-09 09:03 | ちょっとおでかけ
9月の西山口ドライブ その2 てしま旅館での美味
お料理は、2代目ご当主である番頭さんの父上が腕を奮っていらっしゃいます。

今回は9月の月曜~木曜限定のレディースプランを利用させていただいたので、いつもとはお料理の構成、サービスの仕方が違っていましたが、久しぶりの芋焼酎を片手に、お腹も気持ちもしあわせに満腹でした♪

c0068225_2365772.jpg◆前菜のお皿
かわいいでしょう! まるで小さなお菓子のように1つ1つ作り込まれています。もちろん味の組み合わせも工夫されていて、この先のお皿への期待が高まります。盛りつけがとてもスタイリッシュなのですが、ときどきある「見た目だけ」のお料理ではありません。
確かな技術により作られた、奇をてらわない純粋な美味さ。

c0068225_23201074.jpg◆揚げ物
胡麻豆腐がとろーんとしてて、なんかほーっとするなぁ。
今回は、前菜、お造り、揚げ物、酢の物(って見た目はぜんぜん酢の物じゃない!)、お口直しの葡萄のシャーベット、長州鳥のつみれ鍋と雑炊、デザートという献立でした。これで1泊2食1万円(消費税は別)なんだから、近隣都市(?)の奥様方が大挙されるのも納得ですわい。

c0068225_23302963.jpg◆こちらはあさごはん(洋食チョイス。和食もあり)
ホットサンド、少々かじりかけでございます。しぼりたてのグレープフルーツジュース、サラダ、ホットサンド、フルーツヨーグルト。本当はこれにオムレツもつくのですが、普段あさごはんを食べない私には十分な量なので、卵料理ははずしてもらいました。コーヒーか紅茶(オレにもできます)は食事中、もしくは食後にロビーやお部屋でいただくことも。私は朝の光あふれるロビーでお庭を見ながら、新聞や本を読みながらぼーっと。

落ち着ける清潔な部屋、心地よく手足を伸ばせるお風呂、おいしい食事…… 
てしま旅館での楽しみはそれだけではありません。番頭バーでの深夜のおしゃべりとか、貸し出ししてるCDライブラリの1枚をお部屋で楽しんだり。
次はいつ泊まりに行けるかなぁ。
[PR]
by matsunyan | 2005-09-08 20:56 | ちょっとおでかけ
9月の西山口ドライブ その1 心ほどけるてしま旅館
週末に休みを1日とったので、小さな旅を計画しました。

まずは仕事が終わったその足で、お宿へGo!
山口県阿知須の「てしま旅館」さん。今回で何度目の宿泊になるのかな。この間の山口プチ旅行でもおじゃまさせていただいたこのお宿、インテリア、流れている音楽、食事、夜のバー、そして番頭さんご一家の温かな、でもベタベタしていない接客……なにもかもがあまりに好みで、ここにくると本当にリラックスできます。

c0068225_2245529.jpgこの低いベッド(床の上にマットレスが置いてあります)、大好き!
お部屋は全部で6室。それぞれに日本の伝統色の名前がついていて、それぞれの色がポイントとして使われています。この部屋の名前は蘇芳(すおう)。ポイントカラーは「赤」です。窓際に置かれたこのお部屋だけにあるマッサージチェアも赤。

c0068225_22475096.jpg手前にはテレビを見たりお茶を飲んだりするスペースがあります。ちなみに部屋にお風呂はありません。
夜、光の柱がほわーっと浮かび上がってこれまたよい雰囲気。ただし、お部屋で読書をしたいという方には、ちょっと照明暗いかも。

c0068225_22544026.jpgお風呂はちょっとアジアのリゾートホテルのプールのような雰囲気です。宿泊者が多くはないので、お風呂で他の人にあうことはあまりありません。今回は朝も夜も一人貸切状態。外の椅子に腰掛けてると、ちょっと露天風呂気分だったりして。
お料理はその2で。

  2006年5月に行ったときのこと
[PR]
by matsunyan | 2005-09-08 18:44 | ちょっとおでかけ
カルストロード
c0068225_2347160.jpg青くて緑で真っすぐでまぶしくて、最高にいい気持ち。

有休だったので、きららオーガニックライフ→秋吉台ドライブを楽しんで、夜は阿知須のお宿に泊まりました。
のんびりひとりのドライブ旅行。カルストロード、ゴールデンウィークなどは大渋滞になるらしいですが、さすが平日、独り占め気分を味わえました。
泊まったお宿は「てしま旅館」というところです。
すでにいろんな雑誌などでたくさん紹介されているので、ご存じの方も多いことでしょう。

外見はコンクリートの四角い年代物の建物ですが、中はスタイリッシュだけど温もりのある、リラックスできる空間が広がっています。食事も素敵なんだ、これが。おいしいのはもちろんだけど、見目麗しゅうて、箸をつけるのにためらうほど(5秒とガマンできないけど)。BGMのテイストも好みにぴったりなので、ゆるゆるとお酒を飲んだり、ぼけーっとしたり。

何度かお世話になっているうちに、ご縁があって親しくおつきあいさせていただくことができるようになりました。実はご近所なのもあって泊まりに行く、というのもなんだか妙な感じなのですが、やはりここには一泊して、隅から隅まで心地よさを味わいたいな~と思うのです。
季節に1度は行けたらいいな、と思っているので、またよろしくお願いしますね、番頭様。

てしま旅館さん
[PR]
by matsunyan | 2005-05-20 18:00 | ちょっとおでかけ