「ほっ」と。キャンペーン
なんとなくその日ぐらし
matsunyan.exblog.jp
Top
タグ:伊豆 ( 2 ) タグの人気記事
修善寺温泉 湯回廊菊屋  お食事など編
温泉とアロマのおかげで身も心もゆるゆるほどけ、おなかもぐーぐーいってきました。お風呂ってけっこう体力使うし、おなかすくんだよねー←わたしだけ?

菊屋さんがひとり旅対応のお宿ということはさっきも書いたんだけど、それはお食事処にも配慮がされていて、ひとり客がゆっくり食事ができるようにということでカウンター席が設けてあります。

でもね、係の人がとってもお忙しくて目の前にだれもいない時間がほとんどなのですよ。
つきっきりで話してくれとは言わないけど、カウンター席というのは中にいる人とことばを交わしたり、直接話さないにしてもお互いの気配を認め合って「うむ」と目と目で会話する、みたいなことがあるからいいんじゃないのかしらん。
決して私を担当してくれた人に何かが不足しているというわけではないですよ。実際、翌朝はお話しする余裕ができたみたいで、ご本人は「お客さまと会話するのとかもまだまだ不得手で……」なんておっしゃりながらも実ににこやかに近くの観光名所やこの宿のことなどいろいろお話ししてくださいましたし。夜は大変なのねん。

c0068225_1183976.jpgお料理はどれもおいしかったです。特別に「おおっ!」というものもなかったのですが、旅行先の場合、はずれがないというのは重要なことではないでしょうか。
菊屋さんの夕食は趣肴会席という名がついていて、献立の中のいくつかは自分が好きなものを選べるようになっています。この日は焼物・煮物・洋皿・食事がフリーチョイス。一巡したら自由におかわりもできるそうです。
でも写真の他にもいろいろお料理が出て、おかわりにはたどりつけなかった……。選べるのは楽しいけど「あれも食べたかった」と微妙に後悔が残るのもさびしい。
かさごの煮付ちゃーん、次は絶対キミを指名するよ!
お酒は伊豆の地酒「あらばしり」と赤ワイン。うふふふふ~♥

夜は無料で「夜鳴きそば」がふるまわれるということで、その分だけお腹の余裕を空けておいたつもりだったんだけど、気持ちよくリラックスしまくっていたので10時前にはおやすみなさーい、で10時半からの夜食タイムは夢心地でパスしちゃいました。

あさごはんもすごかった! 干物だけでも鯵・かます・鯖、まぐろの山かけ、湯豆腐、温泉卵etc……と大ごちそうで普段のばんごはんをはるかに凌ぐボリューム。おかずがたくさんありすぎて残すのももったいないし、とごはんをおかわり。食べ過ぎだ~。本当はチェックアウト後に朴念仁さんのお蕎麦を食べに行きたかったんだけど、こりゃ無理だわ……。
献立としては少々タンパク質摂りすぎって感じなので、もう少しお野菜を増やしていただけるとうれしいかもですね。食後には和食チョイスでもコーヒーがいただけました。よかった。
部屋でひと休みした後には、腹ごなしでまた温泉(露天の大浴場、でもだれもいなくて貸切状態)。

かくしてこの1泊2日、食べて寝てふやけまくりました。しあわせですぅー

[PR]
by matsunyan | 2007-02-05 01:38 | 旅の思い出
修善寺温泉 湯回廊菊屋  居心地編
c0068225_20475950.jpg所用で横浜へ行ったので、その帰りに修善寺まで足をのばして、温泉三昧してきました。
ひとり旅は、沖縄に行って以来かな? なんか久しぶりって感じ。

中国地方から伊豆って、意外と近いようで遠い。新幹線だと名古屋でこだまに乗り換えて三島へ行って伊豆箱根鉄道、だし、あるいは東京までいって踊り子号に乗る。いずれにしても思ったより時間がかかるから、コスパのことも考えると九州方面にばかり目が向いちゃう。
でも「伊豆」って響きにはなんとなく憧れもあって、今まで河津温泉、伊豆長岡へ行き、今回で伊豆は3回目。修善寺にはお宿好きなら一度は訪れたい名旅館もありますが、そこはもう少し年をとってから。今回は、女性のひとり旅も歓迎!というか、リニューアルに際してひとり用のお部屋も作ったという湯回廊菊屋さんに決めました。

こちらは夏目漱石が常宿にしていたという歴史ある旅館ですが、水害をきっかけにリニューアルされたそうです。文字通り古いものと新しいものが調和していて素敵。私が泊まった「月の語り部」という少人数用のお部屋の棟はリニューアルで新しくできたもので、ひとり用のお部屋はキングサイズのベッドなのだ~。うれしいー。
純和室もいいけど、ベッドだとお布団の上げ下ろしのときに気を遣わなくていいしあさごはんのあとにもうちょっとごろごろしちゃおー、なんて行儀の悪いことだってできちゃう。その上キングサイズですよ!寝返り打ち放題でしょう!って実際はベッドの面積の半分も使ってなかったりするけど家には絶対置けない大きさっていうのが「贅沢してるぅ」ってうれしくなっちゃう。

チェックインは3時なのに2時過ぎについてしまったのですが、バスを降りると蝶ネクタイをしたさながらホテルのドアマンのような方がすすすーっと寄ってこられて「まつ様ですね、いらっしゃいませ、どうぞ」。
ほどなくしてお茶とお菓子を出していただき(この温泉まんじゅう、あっさりした甘みでおいしかった!)、スムーズに部屋に案内してくださいました。

湯回廊という名前のとおりお風呂は貸切露天が2つ、貸切内風呂が2つ、露天の大浴場、内風呂の大浴場があります。
貸切風呂は予約制ではなく、空いていたら「使用中」の札をして自由にどうぞ、というスタイル。3時から使えるということだったので、早めにチェックインさせてもらった恩恵を感じながら貸切露天に直行! 丸い檜の湯船は2人で入ってものびのびゆったりの大きさ。夜、もうひとつの貸切露天に入っていたらお隣からは親子3人(みんな大人)の会話が聞こえてたけど、3人だとみんなが足を伸ばし放題、って訳にはいかないかもだけど問題なしでしょう。
お湯もとろ~っ。温泉ってやっぱりいいなぁ。うふふ。

予約制じゃないというのはみんながうまく使えるのかなと思ったのですが、時間が決まっていないとなると譲り合い精神が出るみたいで、度を超した長風呂はしないみたいです。ちなみに私は3時から25分、夕食後に15分、朝の開始時間6時から35分くらい(そのために5時半に起きて部屋でスタンバイ!)貸切露天を使わせてもらいました。夕食後は使う人いないかなぁ、と様子を見ていたのですが、みなさんまだお食事中だったみたいなのでささっと……
貸切内風呂ものぞいてみましたが暗くてちょっと敬遠。大浴場はどちらも心地よかったけれど、やっぱり貸切露天(それも丸い湯船のほう)が好きだったなぁ。

お風呂から出たらアロマトリートメントへ。ここのサロンの方、なかなか押しが強いですよ~。私はちょっと疲れがたまっていてアロマかマッサージのどちらかを受けようと思っていたので積極的なトークもふむふむと聞いていたのですが、その気はないのに気の弱いお嬢さんとかだと「ど、どうしよう……」と思ってしまうかも。なんて書くと押し売りされてるみたいですがすごーくリラックスできたし、やってよかった!
施術を受けている間にだんだんと呼吸が澄んでくるのがわかるんだよな。疲れてる時ってぜーぜーするっていうか呼吸が浅くて肩とかも使って息してるような感じがするんだけど、アロマオイルの香りと人の手のぬくもりで体の力が抜けてきて、一生懸命息しなくても酸素がたくさん入ってくるっていうか、このままずっとこうしていたい、と思ってたら寝てました!

部屋にはマッサージチェアもついてます。フットマッサージャーもあったので夜のお風呂の後はアロマサロンで買ったアイピローをしながらマッサージ三昧。極楽極楽。
冷蔵庫にはサービスのお水とサイダーが入っていて後は好きなものが入れられるようになっていたのですが、他の飲み物をどこで買えるのかわからなかったのがちょっと残念。
あと最近はどこも間接照明で雰囲気はとってもよいのですが、夜本を読みたいと思ったときには暗いのよねん。手元を照らせるようなスポットライトがあるといいのになぁと思うのは私だけ?
[PR]
by matsunyan | 2007-02-04 22:10 | 旅の思い出