なんとなくその日ぐらし
matsunyan.exblog.jp
Top
タグ:東京 ( 5 ) タグの人気記事
トウキョウサンポ / かっぱ橋を歩く
かっぱ橋は、ほんとうに楽しい。
好きなものを好きなだけ買えたらもっと楽しいけど、いろいろ想像しながら道具を見ているだけでもうきうきしてきちゃう。

今回の目的は
1.ペッパーミル(プジョーにしようと思っているけど、大きさは未定)
2.黒い鍋(展示会で洋なべに心を決めたものの念には念を入れて…)
3.飯台(すし飯、ボウルで作るとどうしてもべたっとする。そのまま器に使えるような小さいもの)
4.蒸籠(照宝で買うと決めているけれど、勉強ってことで)
5.キャニオンの白いうつわ(正方形の深さのあるもの。サラダを入れたい)
6.焼き菓子を入れる小袋(かーちゃんの頼まれモノ。口に接着シールがついているもの)

c0068225_12255886.jpgやる気満々だったのだけれど、かっぱ橋に着いたのが少し遅かったのと当日は小雨混じりのモーレツに寒い日でなかなか思うようには回れませんでした。あまりの寒さに途中で休憩もしちゃったし。

結局買ったのは1と6。5は思っていたようなものがなかったので、お鍋のときの薬味用に小物を買いました。四角いお皿にもみじおろしや葱の小口切りなどを入れ、その横に小さいスプーンにゆず胡椒やからしみたいなのを入れて置くのもいいかなと思って。

c0068225_1244171.jpgそして念願のプジョーのペッパーミル!
黒こしょうのさわやかな香りが大好きなので、こしょうは必ずホールをひいて使っています。それもたっぷりと。
今まではスーパーの香辛料売場にあった「ミル付きこしょう」を使っていて、それはそれで値段の割りには満足して使っていたのですが、鳥ハムのようにびっしりと黒こしょうをまぶしつけたいときにはパワー不足。使用頻度を考えても、そろそろちゃんとしたものを購入してもよかろう、そして買うならやっぱりプジョーだわ、となったわけ。
色や大きさなどにいろいろバリエーションがあって、使い勝手(握りやすさとか)を考えるともう少し大きいもののほうがいいと思うのですが、台所も狭いし、こしょうが入れっぱなしになるよりこまめに補充するほうがいいかな、と小ぶりなこれを選びました。

ガリガリゴリゴリ……すばらしい切れ味(?)に思わずニコニコ。単なる錯覚だとは思うけれど、今までより香りも良い気がするなー♪
[PR]
by matsunyan | 2006-03-05 16:45 | 旅の思い出
トウキョウサンポ / 「欲しかったモノできた」展
この展示会もネットサーフィンで偶然知ったもの。カガミクリスタルからもすぐ近くだし行ってみました。

ところで、あなたのふるさとってどこですか?
普通は生まれ育ったところがふるさとですよね。でも私の父は転勤族だったので小さいときから引越を繰り返していて、生まれた土地というのにそんなに想いがないのです。ちなみに生まれは愛媛県松山市、道後温泉のあたり。道後温泉は自分の中で少し自慢に思ってはいるものの、それはふるさとって感覚ではないんだよなー。
今になってみるとわたしのふるさとは自分の人生の半分を過ごし、両親が住んでいる広島なんだろうなと思うけど、もう一つ懐かしい気持ちで思う場所が、小学校4年から中学卒業まで住んでいた香川県高松市。うどんにはちょっとうるさいわよ、うふ。

「欲しかったモノできた」展が開かれていた銀座桜ショップは、香川県牟礼町に本社を構える桜製作所という会社の東京ショップだったのです。香川県か、とちょっと胸がきゅんとなる。これってふるさとを思う気持ちに似てるんだろーか??

赤木明登さんや三谷龍二さん、高橋みどりさんなど、クウネルや天然生活あたりを愛読されている方ならよくご存知の方がた(というより憧れの方ですね)が、讃岐の素材や職人さんを使って作られた「欲しかったモノ」が集められた展示会。アートな人々が欲しいモノってやっぱりとってもアートなのね。自分の普段の生活にはちょっと取り入れられない(お値段的にも)けど、見たり触れたりしていると「すてきだな」と思うようなものがいろいろありました。
お店自体も木のよい香りが漂ってきそうな居心地の良さで、展示会ではない普段のお店にもぜひ一度うかがってみたいです。

高松にも久しぶりに行ってみたくなっちゃったなぁ。
[PR]
by matsunyan | 2006-03-04 20:21 | 旅の思い出
トウキョウサンポ / 時代を超えた鉄器 特別企画展
ラ・ベットラでの食事までの時間、カガミクリスタルのショールームで行われている「時代を超えた鉄器 特別企画展」に行きました。
南部鉄器の人気ブランド「釜定」の製品が一同に集められたこの展示会、東京行きを決めたときには開催すら知らなかったのですが、ネットサーフィンの途中で偶然発見したときには思わず「やった!」と声が出ました。
というのも未だ消えない黒い鍋願望の筆頭候補である洋なべや組なべは、ここ釜定の宮伸穂さんのプロダクトだから。そして釜定の製品って、お店で見ることがあってもすごく数が少なくて、それが一度に見られるなんて盛岡に行かなきゃ無理だと思っていました。

在庫があるものは販売できますということだったので、妹へのお土産代わりに灰皿を1つ購入。
憧れだった洋なべもしっかりと見てきました。たぶんもうじき、洋なべの中サイズがわが家の一員(?)になることは間違いなさそうです(数ヶ月待ちらしいです。すぐ注文すべきか、夏頃に頼んでお鍋の季節到来にあわせるか思案中)。
初日から大勢の方が来られているんですよ、と少しびっくりした様子だったお店の方、大好評のこの特別展、当初2月末までだったのが3月末まで延長となりました。

会場となっているカガミクリスタルさんの商品ももちろん展示されています。切子のグラス、きれいだったなぁ。高級品ばかりかと思ったら、意外と手頃なお値段のものもありました。
お近くの方、3月中に東京に行かれるご予定の方、ぜひ足を運んでみてくださいませ。
[PR]
by matsunyan | 2006-03-04 19:23 | 旅の思い出
トウキョウサンポ / ラ・ベットラ・ダ・オチアイ
毎日自分でごはんを作って、それはそれなりに満足しているのだけれど、たまには自分では作れないようなものとか一度にいろんな種類をちょっとずつとか、外でごはんを食べたいのです。
広島だとそんなときに一人でも行けるお店がいくつかあったのですが、ここではそんなお店も見つけられず、また毎日車で通勤しているので外で飲むのが億劫だったりして、ちょっと欲求不満がたまっていました。東京へ行ったら好きなもの、おいしいものを食べようと楽しみにしていました。

初日のランチに決めたのが、ラ・ベットラ・ダ・オチアイ。日本一予約が取れないらしいこのお店。ランチは当日の10時にお店の前に出されるボードに名前を書いておくというシステムとのこと。これならだいじょうぶかも。当初の計画では10時前に着くようにでかけようと思っていたのですが、前夜、妹のMacのセットアップをしてあげたりあーだこーだとおしゃべりしていたせいで、結局銀座に着いたのは11時ごろ。半分あきらめモードだったのですが、1時半からの席がキープできました。

ランチコースは3種類、Aコースはパスタ(だったと思う。実はAはよく見ていなかったのだ)、Bコースがパスタと前菜、Cコースが前菜、パスタにメイン。どのコースもプリフィックススタイルで自分の好みのものを選べます。食後のコーヒーやデザートは別。
Bコースを選んでらっしゃる方が多い中、わたしは迷うことなくCコースのメニューを凝視。悩みに悩んで前菜の盛り合わせ、トマトとモッツァレラチーズのパスタ、牛ロースのタリアーテを選びました。本当は前菜に穴子を選びたかったのですが、タリアーテも穴子もバルサミコを使っているとのことだったので「ちょっとずついろんなものを食べたい欲求」を満たすべく盛り合わせに変更。そして白ワイン(シャルドネ)をグラスで。

さてさてお味は、というと。
どのお皿も「すなおなおいしさ」にあふれているな、と思いました。奇をてらってないというか、もりもりわしわしと食べたくなるような料理。よそ行きではなくいつも食べたいもの。人気店だから無理だろうけど、1ヶ月以上前から予約してその日を待つというよりも、今日は忙しかったしおなかすいたし、今夜はおいしいものたっぷり食べてまた明日から頑張ろう!って行きたくなるよなお店だな。もしこんなお店が今の生活圏内にあったら、間違いなく毎週通っちゃう。
次に東京にくるときにも、ぜったいここでおひるごはんを食べますよ~!

食後にエスプレッソを1杯。しめて3,750円とランチにしては大盤振る舞いでしたが大満足のひとときでした。
ちなみにこのお店、テーブルとテーブルの間がかなり詰まっているので、お隣の会話もけっこう聞こえちゃうし、他のお客様の様子がよーく見渡せます。想像探偵(©u-wakarokuさん)の皆さんは、アンテナ感度は少し低め調整でもがんがんに受信できちゃって、もぉたいへん!ですぞ。
[PR]
by matsunyan | 2006-03-04 18:45 | 旅の思い出
あたたかいお茶で一息中
c0068225_1634438.jpg昨夜より「参勤交代」と称してお江戸にきております。
飛行機が霧で欠航かも?とどきどきしながらも無事横浜の妹のところに到着。今日は銀座へ行き、ラ・ベットラでおいしいひるごはんを食べた後、釜定の展示会を見たり、プランタンで買い物したり、今はかっぱ橋。
あまりの寒さと自然の呼び声に導かれ、合羽橋珈琲ってとこで休憩中です。落ち着いた雰囲気の心地よいお店。問屋街は意外とお手洗いに困るので、ここはかっぱ橋散策のルートに加えておいて間違いなしだわ、と思った次第。
もう少し休んだらまたお店を回るつもり。胡椒ひきを買おうと思ってます。

そして妹宅のPCより結果報告
その1  かっぱ橋のお手洗い問題。プロなんとかっていう大きなお店にはありました。お手洗いだけ拝借するのではなく、ちゃんとお買い物もしましょう!
その2  ペッパーミル、買いました。プジョーです。車には手が届かないのでせめてこれだけでも。帰ってからガリゴリと料理をするのが楽しみです。
[PR]
by matsunyan | 2006-02-16 16:34 | 旅の思い出