なんとなくその日ぐらし
matsunyan.exblog.jp
Top
ひとり鍋レポート 土鍋すき焼き
本日の鍋
牛肉(切り落とし)、春菊、下仁田ねぎ、だいこん、しめじ、まいたけ。

うちからほど近いお肉やさん。デパ地下などにはあるものの、最近とんと見ることが少なくなった量り売りのお店です。ここのお肉はほんとうに安くておいしくて、また150グラムずつ2袋にして、なんていう中途半端な注文にも実に笑顔でこころよく対応してくれる、超超超お気に入りの店です。牛肉に力をいれていらっしゃるようで、ものすごくさしが入ったお高いものから切り落としまで多彩なラインナップ。1枚1,500円のステーキは、とーってもすてきなお味とボリュウム! この間行ったら、1枚2,000円というのもあった。ボーナス出たら買ってみたいわぁ。
お肉はできるだけここで買うようにしているのですが、毎日買い物に行くわけにもいかないので、行ったときにまとめて買って冷凍しています(でもうちの冷凍庫は小さくてストックもあまりできない……悲しい)

c0068225_1429581.jpg実家で下仁田ねぎをもらっていたので、今日はすき焼きにすることに。しかし冷凍していた肉は、まだ解凍しきれてない。どーしましょっ!
ということで、以前栗原はるみさんの本に載っていたような気がする「土鍋すき焼き」を参考に肉を蒸してしまおう!と考えました。

土鍋に下仁田ねぎときのこ、だいこんのせん切りを敷き詰め、その上に真ん中がまだ凍っている肉と、肉のまわりに春菊。砂糖としょうゆ、お酒とだし汁少々をかけて蒸し焼きに。きのこや野菜からけっこう水が出るので味付けはしっかり濃いめにします。上等な、そして凍っていない肉(^_^;)の場合は、野菜類だけ先に蒸し焼きにしておいて、その後お肉を投入するほうがいいのかもしれません。

関西風の「ちゃんと焼く」すき焼きをお好みの方には邪道といわれるかもしれませんが、割り下を使って煮るすき焼きを考えると、まったく問題なし。むしろきのこや野菜の味が濃く感じられるような気がしました。卵をつけていただきま~す。赤ワインも飲んじゃおうっと。
後半は、だし汁をもう少し足して冷凍うどんをくつくつ……すき焼きのあとはやっぱうどんね♪ ここにごはんをいれてすき焼きぞうすい(?)にするって人もいるらしいけど、味が濃すぎて喉が乾く気がする。どうなんでしょう。

本日のお鍋は切り落とし150グラムで200円くらい、ねぎはもらったけど買ったとすると多分野菜類が150円くらいにうどん50円と卵17円。おっと、ちょいと豪勢ですね。そして食べ過ぎたわ。
ごちそうさまでした。
[PR]
by matsunyan | 2005-12-02 21:38 | ひとり鍋レシピ